• BLESSWORLD 刀剣(模造刀)

    ブレスワールドの刀剣(模造刀)は関の職人が丹精込めて作る繊細な刀剣(模造刀)です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 関という町は、室町時代より続く巨大な日本刀の生産地であり、その生産能力は、日本一と謳われるほどであった。

    最盛期には、数百という刀鍛冶が関に住んでいた。現代でも関は日本で唯一といえる刀鍛冶の伝統が続いている町である。

     

    個人で刀鍛冶をしている鍛冶師は全国的に見られるが、組織としての刀鍛冶は、今では関だけになっている。関の刀鍛冶は「関の孫六」に代表される多くの刀鍛冶が、伝統を750年間脈々と受け継いできたのだ。


    関刀は最も美しく、最も洗練された日本刀である。

    関刀の製作に必要な材質は「鉄(玉鋼)」・「水」・「松炭」・「焼刃土」である。

    「水」は熱した鉄を冷やすためであり、「松炭」は鉄を熱するために火を出すためにある。

    「焼刃土」は刀の刃に刃紋を出すために使う。

    この四つが揃って初めて刀が造られるのである。

     

    関刀は刀鍛冶のみで製作されるわけではなく、完成までに数多の職人の手を渡る。

    日本の歴史上の偉人の刀剣を中心に刀剣を作ります。

    村正や正宗の本格刀剣も。


    村正作の一振と正宗作の一振を川に突き立ててみたところ、上流から流れてきた葉っぱが、まるで吸い込まれるかの如く村正に近づき、刃に触れた瞬間真っ二つに切れた。

    一方正宗には、どんなに葉っぱが流れてきても決して近寄ることはなかったという。

    刀匠の年代が全く違うものの、この二振の違いを表す有名な逸話である。


    仙台等の博物館を鑑賞して、関の職人との打ち合わせを重ねて、精巧に仕上げております。

  • 刀剣紹介

    稀代の名刀・正宗

    忍びの直刀

    白鞘短刀8寸5分「無銘」

    名刀 黒の村正

    明智光秀愛刀 切羽貞宗

    妖刀村正 懐剣

    脇差 黒呂拵え

    直刃の名刀 加州清光

    脇差正宗 赤石目鞘

    宮本武蔵愛刀 和泉守兼重(大小2本セット)

    宮本武蔵愛刀 和泉守兼重(大刀)

    忍者刀 上忍仕様

    関の白鞘拵え 直刃写し

    稀代の名刀 虎徹

    明智光秀愛刀 兼光

  • 稀代の名刀・正宗

    日本の誇る刀工、正宗は鎌倉時代末期から南北朝時代初期まで活躍してました。

    家康を始め、主に徳川一族に好まれてましたが家康の頃、敵方の真田幸村や石田三成もが佩刀しており、その人気が分かります。

    本商品は岐阜県関市の刀剣職人がてがけた美術刀剣に、正宗の最大特徴である「のたれ」刃紋を忠実に再現しました。

    素材/材質/原材料: 刀剣 刀身―亜鉛合金 鞘―木製 柄巻・下げ緒―人絹 柄―樹脂

    全長約105cm・刃渡り約71cm・柄長約25cm・重量約1130g       
    商品内容:刀剣本体・専用刀袋

    掛台なし 定価:17,800円(税抜き)

    掛台あり 定価:23,980円(税抜き)

     

    ▼ お買い求めはこちらから(掛台なし)
    ▼ お買い求めはこちらから(掛台あり) 

  • 忍びの直刀

    伊賀と甲賀の忍者は作戦遂行の時に通常の日本刀とは違う特殊な忍刀を用いていた、と言われております。

    脇差のように長さが短く(軽作業に使いやすいよう)、いざいと言う時の踏み台に使えるよう直刀で鍔は大き目で角張っていたものを使用しておりました。
    更に土を掘り起こすことも出来るよう鞘の先端に金属製の尖ったコジリを差し込んだ仕様になっております。

    今回ご紹介するのは忍刀を岐阜県関市の刀剣職人が忠実に再現した物です。刀身の手入れ用に専用の和紙を附属にしました。 

    材質 刀身・金具―亜鉛合金 鞘―木材 柄糸・下げ緒―人絹 柄本体―樹脂
    附属 御刀拭き紙(和紙)
    全長74.5cm・刃渡り45.5cm・柄長17.5cm・17.5㎝・重量約840g
    定価:12,900円 (税抜き)

     

    ▼ お買い求めはこちらから

  • 白鞘短刀8寸5分「無銘」

    岐阜県関市の刀剣職人が作製しました白鞘造りの短刀8寸5分です。
    任侠映画でお馴染みの「ドス」として、また神社の奉納用、特攻隊が持つ「御守刀」として使われた由緒あるものです。
    銘はありませんが、おおよその刀工が用いる「乱れ刃紋」を基調とした、シンプルかつ美しい出来栄えです。
    短刀としては大振りな刀身の迫力を堪能ください。
    附属品として保存用の刀袋をお付けします。

    材質/刀身・金具―亜鉛合金 鞘・柄―木材

    刀袋―ポリエチレン
    全長46.5㎝・刃渡り26.5㎝・柄長12.5㎝・重量380g
    定価:10,000円(税抜き)

     

    ▼ お買い求めはこちらから

  • 名刀 黒の村正

    伊勢国桑名の刀工で、正宗と共に日本を代表する刀剣を作り上げていました。
    その切れ味には定評があり、美しさの正宗と対比して、実践的な刀剣として様ざまな武将に重宝されました。

    有名なのは真田幸村と西郷隆盛で、徳川に仇名す妖刀の伝説の元になっております。
    川に差し入れた所、流れてきた葉が綺麗に両断されたと言われております。
     
    本商品は岐阜県関市の刀剣職人が伝説の妖刀を黒で統一した拵えで見事に復刻いたしました。独特ののたれ刃紋を再現しております。
     
    附属として専用の刀袋とお手入れ用の和紙を用意しております。

    素材/材質/原材料:刀身・金具―亜鉛合金 柄本体―樹脂 柄糸・下げ緒―人絹 鞘―木材
    全長105cm・刃渡り71cm・柄長25cm・重量:約1,180g
    定価:16,800円(税抜き)

     

    ▼ お買い求めはこちらから

  • 明智光秀愛刀 切羽貞宗

    商品の特徴・戦国武将 明智光秀が所持してたとされる【切刃貞宗】
         
    貞宗は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけ活躍した刀工で正宗の養子になります。

    南北朝時代には、銘鍛冶として正宗と並ぶ名工でした。この切羽貞宗は、光秀から細川忠興にさらに豊臣秀吉に渡り歩いた数奇な脇差として絶大な人気と価値がありました。

     

    知る人ぞ知る脇差は、ほとんど直刃だった刃紋を精密に再現して、鞘には、明智家の家紋である梗紋です。

    今年話題の大河ドラマ「麒麟が来る」に登場する明智光秀。
    「時は今!」
    ぜひ、この機会にお求めください。

    素材/材質/原材料:刃身:金具―亜鉛合金 鞘:木材 柄糸:下げ緒―人絹 柄本体―樹脂
    全長47cm・刃渡り27cm・柄長14cm・重量350g

    専用刀袋付き
    定価:12,800円(税抜き)

     

    ▼ お買い求めはこちらから

  • 妖刀村正 懐剣

    稀代の名工として名高い千子村正の刃紋を復刻した懐剣をご紹介致します。

    芸術的な正宗と対比して、実戦的と評価された村正は戦国期には徳川家、豊臣家のみならず諸国の武将がこぞって求めるほどでした。
    また幕末においても西郷隆盛などに愛用され、携帯しやすい懐剣として作製されておりました。

    素材/材質/原材料:刀身・金具―亜鉛合金 鞘―木材 柄糸・下げ緒―人絹 柄本体―樹脂
    全長47cm・刃渡り27cm・柄長14cm・重量約350g

    付属 専用刀袋
    定価:12,900円(税抜き)

     

    ▼ お買い求めはこちら

  • 脇差 黒呂拵え

    岐阜県関市の刀剣職人が製作した白鞘の脇差を美しいカシュ-塗りで仕上げた特別黒呂拵えでございます。
    利休好みの黒色で統一した侘びのある逸品でございます。
    刃紋には正宗でもよく使われる「のたれ刃紋」を基調としております。
    また附属として保管用の専用刀袋と、お手入れ用の刀剣拭き紙をセットしております。

    材質 刀身・金具―亜鉛合金 柄・鞘―木材
    付属 刀袋(ポリエチレン製)拭き紙(和紙)
    全長70cm・刃渡り45cm・重量約610g
    定価:14,800円(税抜き)

     

    ▼ お買い求めはこちら

  • 直刃の名刀 加州清光

    沖田総司の愛刀として有名になったのが、この加州清光です。
    加賀の国の刀工で、直刃を好んで作刀しておりました。
    同じ新撰組の大石鍬次郎も愛用しており、新撰組でも達人として名高い二人が好んだことから加州清光の切れ味の凄さが伝わってきます。
    また近年ではゲ-ムのキャラクタ-として加州清光そのものが取り上げられるようになり、若者の間でも知名度が高くなっております。

    材質 刀剣:刀身・金具―亜鉛合金 鞘―木材 柄糸・下げ緒―人絹 柄本体―樹脂 掛台:圧縮材
    付属 専用刀袋
    全長 103.5cm・刃渡り70cm・重量約1130g

    掛台なし 定価:16,800円(税抜)
    掛台付き 定価:23,800円(税抜)

     

    ▼ お買い求めはこちらから(掛台なし)
    ▼ お買い求めはこちらから(掛台あり) 

  • 脇差正宗 赤石目鞘

    鎌倉時代末期から南北朝時代初期にかけて活動した正宗は、「相州伝」と称される作風を確立させた日本で最も著名な刀工であります。
    「のたれ」「互の目」と呼ばれる刃紋が特徴で、仕上がりの美しさは他の追随を許さないものがありました。
    主に徳川家で重宝されていた正宗ですが、石田三成や真田幸村が愛用した事でも知られております。

    材質 刀身・金具:亜鉛合金 鞘:木材 柄糸・下げ緒:人絹 柄本体:樹脂
    付属 専用刀袋
    全長 70cm・刃渡り45cm・重量約810g

    定価:16,800円(税抜)
     

    ▼ お買い求めはこちら

  • 宮本武蔵愛刀 和泉守兼重(大小2本セット)

    かの剣豪、宮本武蔵が愛用したと言われる和泉守藤原兼重の大刀。本商品は武蔵自身が拵えを作ったという逸話を元に、武蔵考案の海鼠鍔(なまこつば)と呼ばれる独特の鍔をあつらえた代物です。
    鞘も実戦で使用出来るよう先端にコジリと呼ばれる金属金具を装着しております。
    のたれに互の目が特徴の兼重の刃紋を写し、当時の雰囲気を可能な限り復刻した逸品でございます。

    材質 刃身・金具:亜鉛合金 鞘:木材 柄糸:下げ緒―人絹 柄本体―樹脂  【掛台】圧縮材
    付属 専用刀袋
    全長

    【大刀】約105.5㎝ 刃渡り約73.5㎝ 柄長約25㎝ 重量1180g
    【小刀】全長約70.5㎝ 刃渡り約45㎝ 柄長約17㎝ 重量720g

    掛台なし 定価:42,900円(税抜)
    掛台付き 定価:49,800円(税抜)

     

    ▼ お買い求めはこちらから(掛台なし)
    ▼ お買い求めはこちらから(掛台あり) 

  • 宮本武蔵愛刀 和泉守兼重(大刀)

    かの剣豪、宮本武蔵が愛用したと言われる和泉守藤原兼重の大刀。本商品は武蔵自身が拵えを作ったという逸話を元に、武蔵考案の海鼠鍔(なまこつば)と呼ばれる独特の鍔をあつらえた代物です。
    鞘も実戦で使用出来るよう先端にコジリと呼ばれる金属金具を装着しております。
    のたれに互の目が特徴の兼重の刃紋を写し、当時の雰囲気を可能な限り復刻した逸品でございます。

    材質 刃身・金具:亜鉛合金 鞘:木材 柄糸:下げ緒―人絹 柄本体―樹脂  【掛台】圧縮材
    付属 専用刀袋
    全長 約105.5㎝ 刃渡り約73.5㎝ 柄長約25㎝ 重量1180g

    掛台なし 定価:22,900円(税抜)
    掛台付き 定価:29,800円(税抜)

     

    ▼ お買い求めはこちらから(掛台なし)
    ▼ お買い求めはこちらから(掛台あり) 

  • 忍者刀 上忍仕様

    先端に鋭いコジリ、四角い鍔という忍者刀の特徴を備えた本商品ですが、よく使用される真っ直ぐな直刀ではなく、武士の持つ打ち刀のように反りのある刀身を使っております。
    上忍は手下である下忍との差をつけるため、このような仕様の刀を所持していたと言われておりました。

    材質 刃身・金具:亜鉛合金 鞘:木材 柄糸:下げ緒―人絹 柄本体―樹脂 【掛台】圧縮材
    付属 専用刀袋
    全長 約106.5㎝ 刃渡り約71㎝ 柄長約25㎝ 重量1250g

    掛台なし 定価:27,800円(税抜)
    掛台付き 定価:34,800円(税抜)

     

    ▼ お買い求めはこちらから(掛台なし)
    ▼ お買い求めはこちらから(掛台あり) 

  • 関の白鞘拵え 直刃写し

    刃物の産地、岐阜県関市の刀剣職人が手作業で作る美術刀剣の白鞘拵えをご紹介致します。
    鞘と柄を自然木で作製した本格的刀剣で、亜鉛合金で造られた刀身には美しい直刃紋が写されております。
    白鞘は奉納刀や、刀身の保存、展示用によく使用される作りでして、
    日本の任侠映画でも「長ドス」の呼称で使用されておりました。
    本商品はあくまで観賞用の美術刀剣ですので、刀身に刃は付いておりません。付属に保管用の刀袋を付けております。

    材質 刃身:亜鉛合金 柄・鞘:朴の木 掛台:圧縮材
    *付属 刀袋:ポリエステル

    【刀剣】
    全長:101cm 刃渡り:71cm 柄長:24.5cm
    【掛台】

    横幅約41.2cm 高さ約32.5cm 奥行約15.6cm

    掛台なし 定価:16,800円(税抜)
    掛台付き 定価:23,800円(税抜)

     

    ▼ お買い求めはこちらから(掛台なし)
    ▼ お買い求めはこちらから(掛台あり) 

  • 稀代の名刀 虎徹

    江戸時代の甲冑師でもあり刀工でもあった虎徹の作刀を再現した
    美術刀剣でございます。その刀剣は非常に評判が高く、土佐の山内氏や尾張徳川家など大名に愛用されておりました。
    特に新撰組の局長近藤勇が佩刀したことで一般にも知られるようになり、後年その名を残しました。
    虎徹の特徴である数珠刃と呼ばれる互の目乱れの刃紋を写しております。

    材質 刃身・金具:亜鉛合金 鞘:木材 柄糸・下げ緒:人絹 柄本体:樹脂  掛台:圧縮材
    *付属 刀袋:ポリエステル

    【刀剣】
    全長:105.5cm 刃渡り:71cm 柄長:25cm
    【掛台】横幅約41.2cm 高さ約32.5cm 奥行約15.6cm

    掛台なし 定価:15,980円(税抜)
    掛台付き 定価:22,980円(税抜)

     

    ▼ お買い求めはこちらから(掛台なし)
    ▼ お買い求めはこちらから(掛台あり) 

  • 明智光秀愛刀 兼光

    NHK大河ドラマのドラマ【麒麟がくる】主人公、戦国武将 明智光秀の名刀。
    備前の名工である兼光が作刀した名刀兼光をここに復刻しました。
    この刀は織田信長が明智光秀に下賜したもので、光秀はのちに愛宕山に奉納しました。
    のたれに互の目が混じった美しい刃紋が特徴です。
    趣のある八角鍔、刷毛目塗りと呼ばれる独特の仕上げを施した鞘をあつらえ、茶の湯を嗜む明智光秀らしい粋な拵えになっております。

    材質 刃身・金具:亜鉛合金 鞘:木材 柄糸・下げ緒:人絹 柄本体:樹脂 掛台:圧縮材

    【刀剣】全長:105.5cm 刃渡り:71cm 柄長:25cm
    【掛台】横幅約41.2cm 高さ約32.5cm 奥行約15.6cm

    掛台なし 定価:22,000円(税抜)
    掛台付き 定価:28,980円(税抜)

     

    ▼ お買い求めはこちらから(掛台なし)
    ▼ お買い求めはこちらから(掛台あり) 

すべての投稿
×